特産品

田舎館のお米

 当村は、津軽平野のど真ん中に位置し、古くから青森県の代表的な品種の作付けが盛んで、良食味米産地として有名です。

 特に、当協議会の稲華会では、昔から環境にやさしい特別栽培米に取り組んできました。

また、28年度からは、粘りが強く食味に優れた低アミロース米「あさゆき」の作付け拡大に力を入れ、田舎館産「あさゆき」のテレビ放映によって一気に知名度が上がり、消費者の要望に応えられない状況にあります。

 29年からは、「つがるロマン」、「あさゆき」、「コシヒカリ」のほか、青森県の初めての特Aになった「青天の霹靂」にも取り組んでいきます。もちろん、全部が特別栽培米です。

 

田舎館の夏いちご

 暑さに弱いいちごは、夏から秋は収穫がしづらいのですが、「夏いちご」とは、この時期に収穫・出荷が可能ないちごのことです。出荷に際しは、厳しい規格を徹底しています。

 出荷先は、首都圏のケーキ屋さんなどで、需要に供給が追い付かない状況です。

 

田舎館の冬いちご

 田舎館いちご研究会が中心となって栽培され、主に、地元市場に出荷しています。

品種は「とちおとめ」が主体で、田舎館村で活動しているご当地キャラクター「いち姫」とコラボレーションしたパッケージで出荷しています。

PAGETOP